里吉ゆみ 公式ツイッターへ  里吉ゆみ 公式フェイスブックへ

11月の宣伝計画
(朝7:30~8:30)
★雨天中止

4日 (金)新代田駅
7日 (月)用賀駅
9日 (水)駒澤大学駅
10日(木)祖師谷大蔵駅
15日(火)経堂駅
16日(水)上町駅
17日(木)千歳船橋駅
21日(月)桜新町駅
24日(木)豪徳寺駅
25日(金)千歳烏山駅
29日(火)芦花公園駅
30日(水)三軒茶屋駅(南口)
 

土・日曜の宣伝
(16:00~17:00)

5日(土) 桜新町駅
13日(日) 烏山区民センター前
26日(土) 三茶キャロットタワー前
 

         

 

築地市場の豊洲移転問題で緊急報告会を開催




 里吉ゆみ都議は、9月25日「豊洲の事態を聞きたい」「いったい、どうなっているんだ?」などの声にこたえて、緊急都政報告会を区内3ヵ所、さらに30日に2ヶ所合計5ヶ所で開きました。
 当初決まっていた移転地全面盛り土の方針が、移転まぎわの今になって建物部分のみ盛り土されず地下空間が存在していたこと、里吉都議自らも参加した9月14日豊洲の青果棟地下空間の現地調査で、採取した地下のたまり水が強アルカリ性を示しヒ素が検出されたことからたまり水が地下水由来であることを突き止めました。8月10日共産党都議団が知事に緊急申し入れをし、その後知事が移転延期を表明したことなどを報告しました。
 そもそも共産党都議団は、豊洲移転の話が浮上した2001年以降一貫して土壌汚染の問題などを追及してきたので、さまざまな情報提供もあり、新しい事実をつかみ事態を変えてきたことを丁寧に話しました。
 田副元都議は、ゼネコンが汚染対策費や建築費を倍にもつり上げた事実、都民の食の安全よりも東京都と癒着して儲け第一に走っていたことなどを明らかにしました。
 参加者からは「都は都民の食の安全をまったく軽視していたことがよくわかった」「とにかく豊洲移転ありきだったのはひどい」「徹底究明して、やはり築地での再整備を進めてほしい」などの感想が出され、2日間で44人が参加ました。
 引き続き、最新情報なども踏まえ各地で報告会を行っていきます。(次は、定例会終了後の10月16日の予定)


2016.10.1 

小中学校の特別教室冷房化補助が拡充されます

 党都議団は6月15日、小中学校の特別教室の早急な冷房化を求める申し入れを行いました。
 都教育委員会は、同日付で区市町村に対し、冷房化補助の対象を理科室、家庭科室、美術室などにも拡大することを通知しました。
 これまで都が財政支援を行ってきた普通教室はほぼ100%冷房化されていますが、特別教室については財政補助の対象が音楽室や図書室などに限られていたため、冷房化率は区立の小学校で72.3%、中学校で73.1%と遅れていました。今後はほぼ全ての特別教室が財政支援の対象になります。


2015.6.20 

 


新しい都議会で、公約実現に全力でとりくみます

 都議会議員選挙では22,541票獲得し、たぞえ民夫都議から議席を引き継ぐことができました。今回の選挙で、日本共産党は8議席から17議席へと議席倍増、議案提案権も獲得しました。
 引き続く参議院選挙でも、改選3議席から8議席へと躍進することができました。
 認可保育園や特養老人ホームの増設をはじめとした公約実現のために、全力でがんばります。

  • 都立梅ヶ丘病院の跡地を福祉と医療の拠点に。
  • 保育園・特養老人ホームを増設します。
  • 商店・中小企業を支援します。
  • 街づくりの基本を防災・減災中心に。

憲法を生かし、原発ゼロで未来をひらきます